CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

神戸 美容室コンサル 小幡晋資(コバッチ)ブログ

神戸を中心に活動している美容ディーラー兼コンサルタントです。特に客単価を上げたい、店販売上を伸ばしたい。そんな方へ簡単でスタッフと一緒に出来る方法を紹介しています。
<< 人が辞める理由とは? | main | 今朝は車内でブログ >>
営業と内勤
0

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

    皆さんは、営業や接客などの職種でしょうか?

     

    それとも、事務処理や管理・企画など社内で仕事をされることがメインでしょうか?

     

     

    どちらの仕事も非常に重要でそれぞれが、それぞれに助けられています。

     

     

    営業や接客は実際に売上を作る仕事ですが、伝票や在庫管理などは

     

    事務方によって支えられています。

     

     

    事務方は営業がつくる売上によって給料が発生します。

     

     

    お互いに支えあっているという事実は誰もが理解しているのですが

     

    いざ、仕事中となると

     

    営業は社内のルールだけでは堅苦しい対応になりやすく

     

    良い意味での融通が利くことが、一つポイントになることがあります。

     

    しかし、社内でのルールで活動している事務方には通用しないことが多く

     

    融通が利かない結果になることもしばしば。

     

     

    『今回だけは特別に』という演出のお陰で

     

    お客様もいい気分になり、売上もあがる という営業の価値観。

     

     

    『その特別を聞いているとキリがない。線引きが出来ない』と

     

    仕組みによって毎日膨大な事務処理を行っている事務の価値観。

     

     

    これを毎回、現場でぶつけ合っていることが時間の無駄でストレスにもなる。

     

     

     

    何を優先に考えるのか? 目的があって、手段はそれを実現する方法。

     

    という考えで行けば、仕組やルールは手法。お客様の喜びは目的。

     

    それでいけば、営業側に軍配があがりそうです。

     

     

    でも、それも含めて少しづつ社内での優先順位を共有できるようにする仕組みが

     

    あるのか?ないのか?

     

     

    それぞれの言い分ではなく、会社としてどう考えているのか?

     

    それがあれば、いちいち時間も取られず、現場判断のスピードも上がっていきます。

     

     

     

    | 仕事の評価 | 07:54 | comments(0) | - |