CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

神戸 美容室コンサル 小幡晋資(コバッチ)ブログ

神戸を中心に活動している美容ディーラー兼コンサルタントです。特に客単価を上げたい、店販売上を伸ばしたい。そんな方へ簡単でスタッフと一緒に出来る方法を紹介しています。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    事前の期待が高いと
    0

      JUGEMテーマ:マーケティング

       

      おはようございます。

       

       

      神戸でコーチコンサルしています小幡です。

       

       

      昨日は充実した忙しさでクタクタでしたが、帰宅してからもこれだけは欠かさず読んで寝ました

       

       

       

      キングダム最新刊です。

       

      帯の右に書かれているように実写映画化します。

       

       

      この表紙の女性は山民族のボスである楊端和(ようたんわ)という人物。

       

      秦の始皇帝との盟友でもあります。

       

      この人を長澤まさみさんが演じます。

       

       

       

       

      他にも豪華俳優陣が登場して楽しみなのですが、漫画の実写化にありがちな問題が

       

      原作の熱烈ファンが抱いているイメージとのギャップ問題。

       

       

      人気漫画であればあるほど、期待値が上がるので

      映像化する人も演じる人もプレッシャーがあると思います。

       

       

      でも、昔に比べたら本当に原作のイメージは大切にされていると思います。

       

       

       

       

      で、無理矢理に仕事の話しに置き換えますが

       

      事前の期待を大きくした場合、満足度は下がる可能性があり、下手するとクレームにもなりかねません。

       

       

       

      例えば、『かなり安く広告宣伝をした』とします。

       

      実際買いに行くと、実は何か条件があったり、もしくは他の商品を押し売りされたり。

       

      また、今問題にもなっている、パーキングの最大料金表示の問題も同じかと思います。

       

       

      小さい文字を読むかどうかというより、煽りが大きいと騙されたと人は感じてしまうのです。

       

       

      長い目でみたら、圧倒的に親切な対応が勝つ時代。

       

      本当にお客様の気持ちに寄り添えば、煽りは不要だと思うんですが・・・・

       

      | 販促 | 08:13 | comments(0) | - |